読み込み中 . . .
中止

ゴマフエダイ

Lutjanus argentimaculatus (Forsskål, 1775)

特徴 全長60cm。全体に赤っぽい体色で、幼魚や体側には淡色の横帯がある。また、側線より上の鱗は側線とほぼ平行に走る。ウラウチフエダイに似るが、ウラウチフエダイの体側横帯は幅が広く、背鰭軟条部が薄黄色という点で区別できる。
分布 幼魚は千葉県でも見られるが、大型個体は紀伊半島以南の太平洋岸、長崎、五島列島近海、琉球列島。~インド-太平洋、紅海、地中海(東部)。
生息環境 幼魚は河川の河口域や内湾に見られ、マングローブ域にもよく見られる。成魚は沿岸からやや沖合にかけて生息する。幼魚は南日本太平洋側の河川にもふつうにみられる。
食性 主に底生生物や甲殻類を食べる。
その他 本種はルアー釣りの対象魚として人気がある。重要な食用魚で肉は美味とされるが、熱帯地方ではシガテラ毒の報告もある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません