読み込み中 . . .
中止

ナガサギ

Gerres oblongus Cuvier, 1830

分布 琉球列島。~インド・西太平洋域。沿岸の砂泥底にすむ。
特徴 体は細長く、体高も低いように見える。体側には薄いが斑点がある。クロサギやミナミクロサギとは側線有孔鱗数が多いこと(ナガサギで45~49、クロサギやミナミクロサギでは多くても42前後)、ツッパリサギとは側線上方の横列鱗数が少ない(5.5枚~6.5枚、ツッパリサギでは7.5~8.5枚)であることや、ツッパリサギの方が体高があることで区別できる。またナガサギでは背鰭第2棘がわずかに伸びるなどの特徴がある。体長20cmを超える。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません