読み込み中 . . .
中止

マゴチ

Platycephalus sp.2

形態・特徴 体は他のコチと同じく縦扁し、その中でも頭部が著しく縦扁する。両眼の間隔がかなり広い。下顎の先端は丸みを帯びている。尾鰭には黄色、白色、黒色の縞模様がある。また体側には黒褐色帯がある。ヨシノゴチは本種に良く似ているが、下顎の先端がとがり、体側の黒褐色はない(表面に茶褐色小斑がある)。体長1m近くにまでなるともいわれるが、50cmまでのものが多い。
分布 宮城県~鹿児島県(種子島まで)の太平洋岸、日本海沿岸、瀬戸内海、東シナ海。
生息環境 沿岸からやや沖合の砂底、砂泥底に生息する普通種。幼魚・若魚期には河口域にも良く見られる。生息水深は30m以浅に多い。
食性 小型魚類、甲殻類、頭足類を主に捕食している。釣りではアジやイワシ、シロギスなどを餌にして狙うことが多い。
その他 産卵期は初夏。肉は白身で、刺身(薄造りが特に美味)、唐揚げ、塩焼き、など様々な料理に使用できる。また釣りの対象魚としても人気がある。漁では釣り、刺網、底曳網などでよく漁獲される。
マゴチの仲間は分類学的な問題を抱えているといわれている。日本には少なくとも本種とヨシノゴチが知られているが、いまだに学名が決定していない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 東京都 東京湾

2020.06.29

日本 東京都 東京湾

2020.06.29

日本 東京都 東京湾

2020.06.29

日本 東京都 東京湾

2020.06.29

日本 岡山県 神島大橋付近

2020.03.23

日本 静岡県 三保

2020.01.07

日本 鳥取県 マゴチ

2019.09.30

日本 新潟県 青海海岸

2019.09.23

日本 新潟県 青海海岸

2019.09.23

日本 新潟県 青海海岸

2019.09.23

日本 京都府 伊根町

2019.06.24

日本 神奈川県 湘南地域

2019.01.14

日本 千葉県 南房総市

2018.11.10

日本 静岡県 蒲原

2018.05.06

日本 宮崎県 延岡市鯛名町

2017.10.15

日本 新潟県 村上市

2017.08.14

日本 静岡県 田子の浦

2017.06.30

日本 静岡県 田子の浦

2017.06.30

日本 静岡県 田子の浦

2017.06.30

日本 静岡県 田子の浦

2017.06.30

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する