読み込み中 . . .
中止

マゴチ

Platycephalus sp.2

形態・特徴 体は他のコチと同じく縦扁し、その中でも頭部が著しく縦扁する。両眼の間隔がかなり広い。下顎の先端は丸みを帯びている。尾鰭には黄色、白色、黒色の縞模様がある。また体側には黒褐色帯がある。ヨシノゴチは本種に良く似ているが、下顎の先端がとがり、体側の黒褐色はない(表面に茶褐色小斑がある)。体長1m近くにまでなるともいわれるが、50cmまでのものが多い。
分布 宮城県~鹿児島県(種子島まで)の太平洋岸、日本海沿岸、瀬戸内海、東シナ海。
生息環境 沿岸からやや沖合の砂底、砂泥底に生息する普通種。幼魚・若魚期には河口域にも良く見られる。生息水深は30m以浅に多い。
食性 小型魚類、甲殻類、頭足類を主に捕食している。釣りではアジやイワシ、シロギスなどを餌にして狙うことが多い。
その他 産卵期は初夏。肉は白身で、刺身(薄造りが特に美味)、唐揚げ、塩焼き、など様々な料理に使用できる。また釣りの対象魚としても人気がある。漁では釣り、刺網、底曳網などでよく漁獲される。
マゴチの仲間は分類学的な問題を抱えているといわれている。日本には少なくとも本種とヨシノゴチが知られているが、いまだに学名が決定していない。
概要 いわゆる「コチ」と呼ばれる魚には「コチ科」と「ネズッポ科」の仲間が混同されがちだが、「マゴチ」は「コチ科」の魚の代表種で、一般的にもよく知られている種類である。大型のものは80cmほどにもなるが、よく見られるのは40~50cmの個体である。主に日本の本土側(まれに種子島にも出現する)に分布する。沿岸の砂底に生息し、河口の汽水域(海と川の合流点近くで、海水と淡水が混ざる所)にも生息する。
初夏の産卵前に旬を迎えるが、定置網や釣りなどで年中漁獲される。高級魚で味は申し分なく、刺身や空揚げ等で美味しく食べられる上に、硬めの頭部は出汁が出るのでみそ汁などに使える。
砂浜(サーフ)でルアー釣りをする釣り人からは“フラットフィッシュ”と呼ばれ、ヒラメと同じくらい人気の魚種。目はそこまで良くないのか、底から30cm以内の場所を攻めると釣れやすいと言われている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

マゴチ

日本 宮崎県 門川湾

2007.05.22

マゴチ

日本 兵庫県 淡路島 志筑新島

2013.08.15

マゴチ

日本 宮城県 名取川河口

2009.07.12

マゴチ

日本 福井県 多田川河口

2006.04.30

マゴチ

日本 神奈川県 相模川

2013.11.10

マゴチ

日本 大分県 近海

2015.01.07

マゴチ

日本 愛知県 西尾市矢崎川河口

2012.09.02

マゴチ

日本 静岡県 田子の浦

2017.06.30

マゴチ

日本 静岡県 田子の浦

2015.09.30

マゴチ

日本 山口県 周南市富田川

2005.11.17

マゴチ

日本 静岡県 田子の浦

2017.06.30

マゴチ

日本 愛知県 豊浜

2011.08.11

マゴチ

日本 佐賀県 伊万里川河口

2013.11.28

マゴチ

日本 宮崎県 高鍋町小丸川河口

2002.09.14

マゴチ

日本 新潟県 村上市

2017.08.14

マゴチ

日本 岡山県 吉井川河口

2003.09.21

マゴチ

日本 和歌山県 水軒

2015.05.11

マゴチ

日本 茨城県 那珂川河口

2014.01.13

マゴチ

日本 福井県 高浜町和田浜

2008.10.14

マゴチ

日本 宮崎県 宮崎市加江田川河口

2016.01.06

マゴチ

日本 宮崎県 延岡市鯛名町

2017.10.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する