ハナフエダイ

Pristipomoides argyrogrammicus (Valenciennes, 1831)

形態・特徴 体は赤みを帯び、背部は黄色っぽく、体側に青色の線がある美しいフエダイ科魚類である。側線有孔鱗数は58-66。ほかのヒメダイ属魚類よりも体高がやや高い。体長40cmに達する。
分布 伊豆諸島および静岡県以南の太平洋側、琉球列島、南大東島、尖閣諸島、小笠原諸島。~インド-中央太平洋。ハワイ諸島にはいない。
生息環境 深海性のフエダイで通常は水深100m以深にすむ。岩礁域などに見られる。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 沖縄などではほかのヒメダイ属魚類同様に釣りや延縄などで漁獲され、食用となっている。肉は白身で、美味である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 沖縄県 本島近海で撮ったハナフエダイ

日本 沖縄県 本島近海

2016.05.17

NOAHさんが日本 東京都 小笠原近海で撮ったハナフエダイ

日本 東京都 小笠原近海

2014.11.09

マーメイドさんが日本 鹿児島県 奄美大島 沖合で撮ったハナフエダイ

日本 鹿児島県 奄美大島 沖合

2007.07.29

NOAHさんが日本 沖縄県 那覇市の魚市場で撮ったハナフエダイ

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2016.05.17

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったハナフエダイ

フィリピン サマール島

2011.09.11

マーメイドさんが日本 鹿児島県 奄美大島 沖合で撮ったハナフエダイ

日本 鹿児島県 奄美大島 沖合

2007.07.29

孤高な漁師さんが日本 鹿児島県 薩南諸島で撮ったハナフエダイ

日本 鹿児島県 薩南諸島

2021.10.02

沼さんが日本 沖縄県 西表島沖で撮ったハナフエダイ

日本 沖縄県 西表島沖

2021.10.20