読み込み中 . . .
中止

センネンダイ

Lutjanus sebae (Cuvier, 1828)

形態・特徴 フエダイの仲間では体高が高い。体側には暗赤色帯があるが老成個体では薄くなる。体側には縦帯はない。幼魚期は鰭が長く、暗赤色帯がよく目立つ。体側下半部の鱗は、ほぼ斜め後方へ向かう。体長70cmを超える大型種。
分布 和歌山県田辺以南の太平洋岸、島根県浜田、琉球列島、小笠原諸島。~台湾、南シナ海、南沙諸島、インド-西太平洋、紅海。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域、その周辺の砂底に生息する。やや深めの場所に多い。幼魚はウニの周辺にいたりする。
食性 小魚や無脊椎動物を捕食する。
その他 釣り、刺し網などで漁獲され食用になる。美味ではあるがまれにシガテラ毒をもつとも言われる。幼魚は美しく観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません