イッテンアカタチ

Acanthocepola limbata (Valenciennes, 1835)

形態・特徴 体は細長く、背鰭・臀鰭と尾鰭は連続する。背鰭の前方に大きな楕円形の黒色斑が1個あることが大きな特徴である。
分布 本州中部以南。~台湾。
生息環境 水深80~200mの砂泥底域に生息する。底に穴を掘り、そこを拠点に生活を送ることが知られている。
食性 甲殻類、小型魚類、多毛類などを捕食する動物食性と考えられる。
その他 日本産アカタチ科魚類の中で、最も普通に見られる種である。食用にされることは少ないが、練り製品の原料として利用されることがある。また、釣り人には塩焼き、干物、唐揚げなどでも賞味される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません