リュウキュウヤライイシモチ

Cheilodipterus macrodon Lacepède, 1802

形態・特徴 ヤライイシモチの仲間は大きな犬歯状歯が発達している。体側には約8本の黒色縦帯がある。尾柄部に黒色斑があり、成長するとその形状は不明瞭になる。尾鰭上・下葉は淡色で縁取られる。前鰓蓋骨縁は鋸歯状である。体長は17cmに達する大型種である。
分布 千葉県、伊豆諸島、小笠原諸島、和歌山県以南。インド・西太平洋域、紅海。珊瑚礁や岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に生息する普通種。分布も広く、千葉県や紀伊半島でも見られる。
食性 肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。
その他 夕方から夜間にかけて普通に釣れる。大型種なので食用魚として利用されることもある。肉は白身。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
海底奉行さんが日本 沖縄県 北谷町 砂辺で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 北谷町 砂辺

2022.05.20

海底奉行さんが日本 沖縄県 北谷町 砂辺で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 北谷町 砂辺

2022.05.20

海底奉行さんが日本 沖縄県 北谷町 砂辺で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 北谷町 砂辺

2022.05.20

NOAHさんが日本 沖縄県 南城市 安座真港で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 南城市 安座真港

2020.11.22

NOAHさんが日本 沖縄県 南城市 安座真港で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 南城市 安座真港

2020.11.22

もぶらさんが日本 沖縄県 名護市 水路河口で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 名護市 水路河口

2019.01.13

西野勇馬さんが日本 東京都 小笠原 父島で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 東京都 小笠原 父島

2018.12.31

Kentaro Onoさんが日本 鹿児島県 屋久島町 湯泊漁港で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 鹿児島県 屋久島町 湯泊漁港

2018.12.11

Tsuneyoshi  Futemmaさんが日本 沖縄県 本島西海岸で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 本島西海岸

2018.11.20

diveskさんが日本 沖縄県 真栄田岬 で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.05.29

だいき丸さんが日本 沖縄県 那覇市 泊港で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 那覇市 泊港

2017.02.07

Ryota  Hasegawaさんが日本 沖縄県 那覇市 若狭海浜公園付近で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 那覇市 若狭海浜公園付近

2016.12.30

アキヒトさんが日本 鹿児島県 大和村思勝湾で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 鹿児島県 大和村思勝湾

2016.07.04

アキヒトさんが日本 鹿児島県 奄美市和瀬で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 鹿児島県 奄美市和瀬

2016.07.04

だいき丸さんが日本 沖縄県 与那原町 当添漁港で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 沖縄県 与那原町 当添漁港

2016.03.22

Toshimitsuさんが日本 東京都 小笠原 父島 製氷海岸で撮ったリュウキュウヤライイシモチ

日本 東京都 小笠原 父島 製氷海岸

2015.05.12