リュウキュウヤライイシモチ

Cheilodipterus macrodon Lacepède, 1802

形態・特徴 ヤライイシモチの仲間は大きな犬歯状歯が発達している。体側には約8本の黒色縦帯がある。尾柄部に黒色斑があり、成長するとその形状は不明瞭になる。尾鰭上・下葉は淡色で縁取られる。前鰓蓋骨縁は鋸歯状である。体長は17cmに達する大型種である。
分布 千葉県、伊豆諸島、小笠原諸島、和歌山県以南。インド・西太平洋域、紅海。珊瑚礁や岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域に生息する普通種。分布も広く、千葉県や紀伊半島でも見られる。
食性 肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。
その他 夕方から夜間にかけて普通に釣れる。大型種なので食用魚として利用されることもある。肉は白身。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません