読み込み中 . . .
中止

カスリイシモチ

Pristiapogon kallopterus (Bleeker, 1856)

形態・特徴 第2背鰭の基底部に大きな暗色斑がある。第1背鰭は7棘からなり、その鰭膜は前部が黒い。水中では黄色く見えることもある。体側には茶褐色の縦帯があるが、不明瞭なことも多い。ユカタイシモチやヒトスジイシモチと比べ、体高がやや高く、体長は体高のおよそ2.6-2.9倍である。体長10cmに達し、比較的大きくなる種。
分布 小笠原諸島、和歌山県以南。インド-太平洋域。
生息環境 岩礁域に生息する。単独でいることが多い。
食性 肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。
その他 釣りなどで漁獲されるが、普通は食用にされていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません