読み込み中 . . .
中止

キツネウオ

Pentapodus caninus (Cuvier, 1830)

形態・特徴 背鰭は10棘9軟条、臀鰭は3棘7軟条。体側には黄色縦帯を有し、尾鰭の上・下葉は伸長する。幼魚は鮮やかな青色で、体側に2本の黄色縦帯があり、背面にも1本の短い黄色帯がある。体長20cmくらいまでになる。
分布 屋久島、琉球列島以南。~台湾、フィリピン、南シナ海、マーシャル諸島、サモア、ニューカレドニア。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域およびその周辺の砂底に生息する。浅所からやや深みにおいて普通に見られる種。
食性 肉食性で底生の無脊椎動物や小魚を捕食する。
その他 沖縄では追い込み網などで、タカサゴ類などとともに食用にされている。キツネウオ属は日本から3種が標本に基き報告されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません