読み込み中 . . .
中止

マアジ

Trachurus japonicus (Temminck and Schlegel, 1844)

特徴 全長30cm。稜鱗(りょうりん)は大きく、側線の全体にある。小離鰭(しょうりき)は無い。体は少し側扁し、マルアジなどのムロアジ属の魚は全体的に丸っぽい。
分布 日本各地の沿岸。東シナ海、朝鮮半島。
生息環境 沖合の中層から下層に生息し、幼魚は内湾に進入してくる。稚魚は浮遊性が強く、表層にいる。
食性 肉食性で成魚は小魚(カタクチイワシなど)を飲み込んでいることがしばしばある。
その他 稜鱗が側線のすべてにあることから、他のアジと区別することができる。幼魚から成魚まで利用され、幼魚は「豆アジ」という名前で売ってあることも多い。さまざまな漁法で漁獲されるが、最近では養殖も行われている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません