読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ナガタチカマス

Thyrsitoides marleyi Fowler, 1929

形態・特徴 体は細長い。側線は2本あり、下方の側線は体側中央付近にある。腹鰭は退化的ではなく、1棘5軟条。クロタチカマスは本種に似るが背鰭棘数28-33棘と多く、本種では18-20棘と少ないことで区別できる。クロシビカマスは体側の側線が1本しかないことで本種と区別可能。体長1.5mを超える大型種。
分布 南日本、九州-パラオ海嶺。インド・西太平洋域。大陸棚周辺域、海山などの水深326~600mにすむ。
生息環境 やや深い大陸棚や海山の周辺に生息する。
食性 小魚やイカなどを捕食する。
その他 釣り、延縄、沖合底曳網で漁獲されており、市場でも見かけることがある。小骨が多いが、塩焼きなど美味である。
従来Mimasea taeniosomaという学名が使われていたこともあったが、これはThyrsitoides marleyiのジュニアシノニムとされている。ナガタチカマス属は本種1種のみが有効とされている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

MS さんが 学名を Thyrsitoides marleyi Fowler, 1929 に変更しました  
2013.07.12 12:52