読み込み中 . . .
中止

オキタナゴ

Neoditrema ransonnetii Steindachner, 1883

形態・特徴 背鰭棘は6~7本。日本産ウミタナゴ科魚類はよく似ているものが多いが、本種はとりわけ体高が低いため、容易に見分けることができる。
分布 北海道以南の日本各地。朝鮮半島南部。
生息環境 沿岸域からやや沖合いの岩礁域周辺に生息する。
食性 甲殻類、多毛類などを捕食する動物食性。
その他 ウミタナゴ科魚類は胎生魚として有名で、交尾をし、4~7月に卵ではなく稚魚を9~17個体産む。本種も食用にされるが、あまり多く獲れないため、流通することはほとんどない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません