読み込み中 . . .
中止

クルマダイ

Pristigenys niphonia (Cuvier, 1829)

形態・特徴 体高が高く、体長は体高の2倍よりも小さい。体は赤みを帯び、体側には4本の太い横帯があるが、消失する場合もある。背鰭軟条数は11。背鰭・臀鰭・尾鰭の後縁は黒くない。腹鰭の後縁は黒い個体もいる。側線有孔鱗数30-36枚。体長19cmほど。
分布 相模湾以南の太平洋岸、新潟県~九州までの日本海、東シナ海。~南シナ海、台湾、西太平洋、オーストラリア北西岸
生息環境 水深100-200m前後の砂泥底から漁獲される。幼魚は浅海でダイバーにも観察されている。
食性 小魚や各種甲殻類を捕食する。
その他 沖合底曳網や釣りなどで漁獲される。小型種で重要産業種とは言えないが、食用になり美味。塩焼き、煮付け、刺身などに向く。
従来本種には背鰭・臀鰭・尾鰭の後方が暗色になるものがいる、とされたがこれは別種とされ、ミナミクルマダイという新しい標準和名が与えられた。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません