ロウソクチビキ

Emmelichthys struhsakeri Heemstra and Randall, 1977

特徴 体長30cmほど。体色は赤色でやや黄色がかかる。第1・2背鰭の間隔に鰭膜のない2~3本の棘がある。
分布 南日本、兵庫県浜坂、九州-パラオ海嶺。西部太平洋、ハワイ諸島。
生息環境 沖合から外洋の中層を遊泳する。
食性 肉食性。
その他 本種とタカサゴ科のヒメタカサゴはしばしば混同される。食用としての価値はあまりないが、餌としていいものという。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する