読み込み中 . . .
中止

ギンザメ

Chimaera phantasma Jordan and Snyder, 1900

特徴 全長1m。ギンザメ目魚類は、鰓孔が1対しかないこと、頭部には溝状の側線が発達することから、同じく軟骨魚網に属するサメ類やエイ類(板鰓類)とは異なる全頭類に分類される。本種は、臀鰭があって尾鰭下葉との間に欠刻がある、体の側線が小刻みに波打つ、体色は銀色で体側には褐色の2縦帯があるなどの特徴から他のギンザメ科魚類と区別される。第一背鰭の前縁には強大な1棘があり、そこには毒腺を有するとされる。また、その歯は互いに癒合して板状となっており、延縄のワイヤを切るほど強力である。
分布 北海道~九州の太平洋岸。稀に日本海。~韓国、中国、台湾、フィリピン。
生息環境 深海性で、水深約100~500mに生息する。
食性 甲殻類や魚類を食べる。
その他 主に底曳網、深海釣りなどで漁獲され、食用となる。湯引きにして食べると美味で、海外からも本種に似たものが輸入されている。また、練製品の原料にも使用される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません