読み込み中 . . .
中止

アオダイ

Paracaesio caerulea (Katayama, 1934)

形態・特徴 体は青っぽい。体側には横帯を有しない。主上顎骨には鱗がない。ウメイロや、ヨゴレアオダイは本種に似ているが、体色や、側線有孔鱗数が本種よりも多い(アオダイ47-50、ヨゴレアオダイは68-73、ウメイロ70-72)ことにより区別できる。体長50cmになる。
分布 伊豆諸島、神奈川県、静岡県、土佐湾、長崎県、屋久島、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~台湾、南シナ海。
生息環境 主に100m以深の岩礁域に生息する。群れをつくる。
食性 動物プランクトンなどを捕食する。
その他 重要食用魚。釣りや延縄などで漁獲される。肉は白身で様々な料理に使え味も美味である。アオダイ属は日本で5種が知られ、いずれも食用魚となっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません