ナガオオメハタ

Malakichthys elegans Matsubara and Yamaguti, 1943

形態・特徴 側線有孔鱗数は48-51で、ワキヤハタときわめてよく似ているが、臀鰭基底が短い点で区別できる。オオメハタとは側線鱗数が多いことで区別される。また、体高がオオメハタよりも低い。体長20cmほど。
分布 相模湾~沖縄島の太平洋岸。やや深海にすむ。
生息環境 やや深海性で、群れをつくりすむ。
食性 肉食性で小型甲殻類をよく捕食するとされている。
その他 オオメハタ属魚類の他種と同じく、釣りや底曳網などで漁獲されている。利用法も他の同属魚類同様である。他の2種同様、シロムツと呼ばれている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 静岡県 宇久須沖 駿河湾で撮ったナガオオメハタ

日本 静岡県 宇久須沖 駿河湾

2024.01.23

NOAHさんが日本 静岡県 宇久須沖 駿河湾で撮ったナガオオメハタ

日本 静岡県 宇久須沖 駿河湾

2024.01.23