読み込み中 . . .
中止

ノコギリダイ

Gnathodentex aureolineatus (Lacepède, 1802)

形態・特徴 体側の腹部には黄色っぽい細縦帯がある。体色は水中で見たら銀色に輝き、美しい。釣り揚げると一時黒っぽくなり、淡色のまだら模様が現れる。主上顎骨に鋸歯状突起があるが、これは眼下骨におおわれて見えにくい。側線有孔鱗数は60~70と、ほかのフエフキダイ科魚類と比べて著しく多い。成魚でも体長25cmほどの小型種。
分布 伊豆半島、和歌山県以南の太平洋岸、長崎県、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~インド-太平洋
生息環境 水深30m以浅のサンゴ礁域、岩礁域にすむ。幼魚はごく浅い場所にも見られる。
食性 肉食性。甲殻類、小魚などを主に捕食している。
その他 食用魚として取り扱われる。釣り、刺網などで漁獲され、市場に出る。肉は白身で美味という。ただし熱帯地方ではシガテラ毒の報告もあるので、注意しなければならないという。また幼魚は綺麗なので、観賞魚としても取り扱われるようだ。ノコギリダイ属は本種のみからなる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません