ナンヨウボラ

Moolgarda perusii (Valenciennes, 1836)

形態・特徴 上唇下部は滑らか。眼を被う脂瞼は発達しており、分厚くて虹彩も被う。胸鰭基底の上端には暗色斑が見られることなどが特徴。
分布 東京湾~九州までの太平洋岸(ほとんどが幼魚)、琉球列島、インド-西太平洋、紅海。
生息環境 内湾の浅所に生息する。
食性 デトリタス、藻類、甲殻類や多毛類などを食べる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。