読み込み中 . . .
中止

トビエイ

Myliobatis tobijei Bleeker, 1854

分布 北海道以南の各地沿岸。~朝鮮半島、台湾、中国渤海沿岸、黄海。
特徴 吻端は鈍角をなす。体盤は一様に暗褐色で目立つ斑紋はない。尾は長く、毒棘があり、腹鰭よりも後方の位置に背鰭がある。体盤幅80cmほど。
生息環境 沿岸に生息する普通種。ふつうは60m以浅に生息するが、水深333mからも記録があるよう。
食性 動物食性
その他 定置網や刺し網などで漁獲され、食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 和歌山県 熊野

2019.12.09

日本 千葉県 富津沖

2018.12.22

日本 東京都 伊豆大島

2017.08.04

日本 愛媛県 愛南町

2015.11.01

日本 愛媛県 愛南町

2009.06.01

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する