トビエイ

Myliobatis tobijei Bleeker, 1854

分布 北海道以南の各地沿岸。~朝鮮半島、台湾、中国渤海沿岸、黄海。
特徴 吻端は鈍角をなす。体盤は一様に暗褐色だが、成魚では大きな黒色斑が点在することもある。尾は長く、毒棘があり、腹鰭よりも後方の位置に背鰭がある。体盤幅80cmほど。
生息環境 沿岸に生息する普通種。ふつうは60m以浅に生息する。水深333mからも記録があるようだが、これは近縁種のスミレトビエイ(Myliobatis hamlyni)の誤同定である可能性が高い。他のトビエイ科魚類と比べると活動性が低く、海底でじっとしていることが多い。
食性 動物食性
地方名 トビ(山口県)、トビウオ(山口県下関市)、トベエイ(山口県山陽小野田市)
その他 定置網や刺し網などで漁獲され、食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったトビエイ

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったトビエイ

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

Masaさんが日本 東京都 伊豆大島で撮ったトビエイ

日本 東京都 伊豆大島

2017.08.04

burgessさんが日本 千葉県 富津沖で撮ったトビエイ

日本 千葉県 富津沖

2018.12.22

MARI-Jさんが日本 東京都 大島 岡田港で撮ったトビエイ

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったトビエイ

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

MARI-Jさんが日本 東京都 大島 岡田港で撮ったトビエイ

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったトビエイ

日本 宮崎県 門川湾

2007.07.24

梶谷竜也さんが日本 静岡県 松崎町岩地で撮ったトビエイ

日本 静岡県 松崎町岩地

2020.10.05

MARI-Jさんが日本 東京都 大島 岡田港で撮ったトビエイ

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

梶谷竜也さんが日本 静岡県 松崎町岩地で撮ったトビエイ

日本 静岡県 松崎町岩地

2020.10.05

MARI-Jさんが日本 東京都 大島 岡田港で撮ったトビエイ

日本 東京都 大島 岡田港

2008.10.23

NOAHさんが日本 静岡県 舞坂沖 遠州灘で撮ったトビエイ

日本 静岡県 舞坂沖 遠州灘

2023.04.27

梶谷竜也さんが日本 静岡県 松崎町岩地で撮ったトビエイ

日本 静岡県 松崎町岩地

2020.10.05