読み込み中 . . .
中止

アイブリ

Seriolina nigrofasciata (Rüppell, 1829)

特徴 ブリという名前があるがブリ属ではなく本種のみを含むアイブリ属の魚である。吻は丸い。体側には暗色の横帯があるが成魚では不明瞭になる。第1背鰭の棘条は鰭膜で連結することによりブリモドキと見分けられる。またブリ属の魚とはこの棘部が黒いことで見分けられる。全長50cmまで。
分布 茨城県・新潟県~九州南岸、沖縄島、東シナ海。~台湾、中国、朝鮮半島、インド-西太平洋。
生息環境 沿岸から沖合に分布する。東シナ海の底曳網漁業では40~190mの範囲で漁獲されている。幼魚は浅い場所でも見ることができる。
食性 おそらく動物食性であると思われる。
その他 あまり釣れることはないが、たまに釣れたときに釣り人を驚かせることがある。定置網、釣り、底曳網などで漁獲されるが散発的なものであるようだ。肉は柔らかいが刺身や焼き物などにして美味しい。アイブリ属は本種のみの1属1種。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません