オオクチイケカツオ

Scomberoides commersonianus Lacepède, 1802

特徴 全長50cm以上。背鰭棘間は鰭膜で連続しない。上顎の後端は眼の後縁をはるかに越える。体側に大きな円形の斑紋が1列に並ぶのが特徴である。同属のイケカツオやミナミイケカツオより南方系と思われる。
分布 富山湾、宮崎県目井津。~インド-西太平洋。日本ではきわめてまれ。
その他 同属他種とは斑紋の大きさがかなり異なるので見分けやすい。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません