読み込み中 . . .
中止

オオクチイケカツオ

Scomberoides commersonianus Lacepède, 1802

特徴 全長50cm以上。背鰭棘間は鰭膜で連続しない。上顎の後端は眼の後縁をはるかに越える。体側に大きな円形の斑紋が1列に並ぶのが特徴である。同属のイケカツオやミナミイケカツオより南方系と思われる。
分布 富山湾、宮崎県目井津。~インド-西太平洋。日本ではきわめてまれ。
その他 同属他種とは斑紋の大きさがかなり異なるので見分けやすい。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

オオクチイケカツオ

マレーシア クアラロンピン

2017.10.27

オオクチイケカツオ

アラブ首長国連邦 Dubai

2014.11.29

オオクチイケカツオ

タイ タイランド湾、チョンブリ県、サタヒップ沖のクラム島南東側

2015.08.14

オオクチイケカツオ

フィリピン ボホール島のセントラルマーケット

2014.04.05

オオクチイケカツオ

フィリピン タクロバン市場

2008.07.07

オオクチイケカツオ

アラブ首長国連邦 ドバイクリーク

2009.08.02

オオクチイケカツオ

フィリピン レイテ島

2012.03.22

オオクチイケカツオ

アラブ首長国連邦 ロストチェンバー水族館

2020.03.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する