アンダマンアジ

Carangoides gymnostethus (Cuvier, 1833)

特徴 全長80cm。ホシカイワリに似るが、眼の位置が吻から尾柄部にかけての水平線上に位置し、体側に小黒点が散在することで区別できる。
分布 沖縄島。~台湾、インド-西太平洋。日本ではまれな種類である。
生息環境 琉球列島でも稀で、あまりみる機会は少ない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

PiKiNiNiさんがソロモン諸島 ガダルカナル島北岸沖で撮ったアンダマンアジ

ソロモン諸島 ガダルカナル島北岸沖

2007.03.13

鈴鹿さんがフィリピン タクロバン市場で撮ったアンダマンアジ

フィリピン タクロバン市場

2009.02.08