オニゴチ

Onigocia spinosa (Temminck and Schlegel, 1844)

分布 南日本太平洋岸、新潟県~九州までの日本海岸および東シナ海岸、瀬戸内海、東シナ海南部。~朝鮮半島、済州、台湾、中国、西太平洋。
特徴 コチの仲間の同定は、頭部の棘の様子や、眼の虹彩皮膜の様子などを見ることが必要である。本種の眼下骨隆起には粗い鋸歯状の棘がある。眼は虹彩皮膜上片が複雑にわかれ、下片は2峰型になっており、眼上皮弁がある。体側には目立つ暗色帯が4本前後ある。体長10cm前後とやや小形の種。
生息環境 沿岸のやや深い砂底に生息する。水深120mまでみられるようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
NOAHさんが日本 静岡県 熱海市 網代 網代港で撮ったオニゴチ

日本 静岡県 熱海市 網代 網代港

2015.02.02

NOAHさんが日本 静岡県 熱海市 網代 網代港で撮ったオニゴチ

日本 静岡県 熱海市 網代 網代港

2015.02.02

ASIMOpapaさんが日本 千葉県 東京湾竹岡沖で撮ったオニゴチ

日本 千葉県 東京湾竹岡沖

2012.01.14

外道大王さんが日本 神奈川県 真鶴漁港堤防で撮ったオニゴチ

日本 神奈川県 真鶴漁港堤防

2009.02.15

たっちーさんが日本 神奈川県 久里浜沖で撮ったオニゴチ

日本 神奈川県 久里浜沖

2006.09.30

ヒサビッチャ☆さんが日本 愛媛県 伊方町(三崎) 松で撮ったオニゴチ

日本 愛媛県 伊方町(三崎) 松

2005.01.29

ひろろさんが日本 三重県 尾鷲市九鬼で撮ったオニゴチ

日本 三重県 尾鷲市九鬼

2004.06.02