読み込み中 . . .
中止

キンギョハナダイ

Pseudanthias squamipinnis (Peters, 1855)

形態・特徴 ナガハナダイ属の中でも代表的といえる種。雄は赤みを帯びた体色で、背鰭第3棘が長く伸びる。雄の胸鰭に大きな赤色斑がある。雌は橙色で、背鰭第3棘が少し伸びる。雌雄ともに背鰭第3-10棘間の鰭膜には交互に棘先端付近にまで鱗がある。体長11cmに達する。
分布 相模湾~屋久島の太平洋岸、山口県日本海岸、九州北岸、琉球列島、小笠原諸島。~インド-西太平洋。
生息環境 沿岸の岩礁や浅いサンゴ礁域に生息する普通種。幼魚も成魚もごく浅い海域にすみ、幼魚は稀に潮だまりに入っていることさえある。成魚は1匹の雄と複数の雌からなる群れを作る。
食性 日中に動物プランクトンを捕食する。
その他 雌性成熟の性転換を行う。1匹の雄と複数の雌による群れを形成しており、雄がいなくなると雌の1匹が性転換し雄になる。性転換して雄になる個体はあらかじめ決まっているという。卵は分離浮性卵。
釣りで漁獲されても食用にされることはないが、鮮やかな色彩が美しく観賞魚として人気がある。地理的に、若干色彩に差があるとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません