読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ビワヨシノボリ

Rhinogobius biwaensis Takahashi and Okazaki, 2017

分布 琵琶湖などに生息し、通常は湖内の中層に生息すると考えられている。繁殖期に湖岸の浅所に接岸する。三重県度合、島根県江津、愛媛県今治からも報告されている。
形態・特徴 背鰭前方鱗がない(あっても2、3枚)、雄の第一背鰭は伸長せず台形、生時雄の尾鰭基底には橙色斑がないなどの特徴がある。
その他 2017に新種記載された。元はRhinogobius sp. BWとされていたもの。
Takahashi and Okazaki (2017) 参照
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する