読み込み中 . . .
中止

サヨリ

Hyporhamphus sajori (Temminck and Schlegel, 1846)

形態・特徴 体形は細長い。両顎は尖り、下顎は上顎よりも長く突出する。下顎の長さが上顎先端から鰓蓋後端までの長さよりは短いこと、下顎の先端は普通赤味を帯びることなどが特徴。全長は大きい個体では40cmを超える。
分布 琉球列島と小笠原諸島をのぞく北海道南部以南の日本各地~朝鮮半島、黄海、ピーター大帝湾。
生息環境 沿岸域の特に海藻の繁茂する岩礁域に多い。表層域を群れで回遊する。産卵期は春季から夏季にかけて藻場で行うとされている。
食性 動物プランクトンを主な餌としている。
その他 旬は春季とされ、寿司ネタや刺身、天ぷら、干物などにして賞味され、高級魚として扱われることが多い。魚屋や鮮魚売り場などで売られている光景を見かけることも珍しくない。遊漁のうち特に陸からの釣りでの人気が高く、主に春季から夏季にかけてウキ釣りやフカセ釣り、サビキ釣りといった釣法で狙うようだ。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません