読み込み中 . . .
中止

アオスジモンガラ

Xanthichthys caeruleolineatus Randall, Matsuura and Zama, 1978

形態・特徴 ナメモンガラ、スジナメモンガラに似るが頬の溝が6列と多いこと、体側に1本の青色縦線があることで区別可能。尾鰭上・下葉は若干のび、赤く染まる。体長30cm。
分布 伊豆諸島以南。インド・西太平洋の熱帯海域。珊瑚礁の水深50m以深にすむ。
生息環境 沖合に面した岩礁・サンゴ礁域に生息する。水深50~200mの場所に生息する。
食性 動物プランクトンを主に捕食する。
その他 釣りなどで漁獲され、食用にすることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 千葉県 館山市

2015.08.07

日本 東京都 小笠原 父島沖

2020.03.26

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬湾

2004.09.10

日本 東京都 父島周辺

2007.04.15

日本 東京都 小笠原

2015.06.27

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.06.18

日本 東京都 イナンバ

2004.06.13

日本 東京都 小笠原 父島沖

2020.03.26

日本 東京都 小笠原 父島沖

2020.03.26

日本 東京都 小笠原 父島沖

2020.03.26

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する