読み込み中 . . .
中止

ウミスズメ

Lactoria diaphana (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 コンゴウフグ属魚種の外見はハコフグ属に似るが、眼上棘、腰骨棘、背隆起中央に棘があることで区別できる。本種では背隆起が低く、その中央の棘が鋭く上を向くことで同属他種と区別できる。
分布 茨城県以南。インド・西太平洋域。沿岸の浅海域にすむ。
生息環境 沿岸砂底域、岩礁域に生息する。基本的には浅所に見られるが、底曳網でも漁獲される。
食性 底生生物を捕食する。
その他 底曳網、定置網で漁獲される。観賞魚とされるが皮膚から粘液毒を出し、他の魚を殺すことがある。肉や内臓は無毒とされたが、内臓を食べての中毒例があるので注意。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません