コモンハタ

Epinephelus epistictus (Temminck and Schlegel, 1843)

形態・特徴 体色は茶褐色で、体側には小黒色斑があるが、この黒色斑は体側上半部に限られる。体側には帯がない。アオハタモドキは本種に良く似ているが、アオハタモドキの背鰭軟条部及び尾鰭には黒いふちどりがあるが本種にはない。体長60cmに達する。
分布 相模湾以南の太平洋岸、若狭湾以南の日本海岸、九州西岸、東シナ海。~朝鮮半島、済州島、台湾、南シナ海、インド-西太平洋。
生息環境 やや深海性のハタ類で、水深100m前後にすむ。
食性 小魚や甲殻類、軟体動物を捕食する。
その他 食用種。漁法としては釣りや、延縄などで他のハタ類の混じりで漁獲される。また底曳網でも漁獲される。肉は白身、刺身、鍋、などで美味。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

義経~さんが日本 福岡県 福岡県大島沖で撮ったコモンハタ

日本 福岡県 福岡県大島沖

2003.12.27

NOAHさんが日本 東京都 小笠原(築地市場で購入)で撮ったコモンハタ

日本 東京都 小笠原(築地市場で購入)

2014.04.09

鈴鹿さんが日本 山口県 下関漁港(対馬沖)で撮ったコモンハタ

日本 山口県 下関漁港(対馬沖)

2007.09.25

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったコモンハタ

フィリピン カビテ

2010.07.03

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンハタ

日本 宮崎県 門川湾

2007.08.20

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったコモンハタ

フィリピン カビテ

2009.12.30

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンハタ

日本 宮崎県 門川湾

2007.08.20

asukalさんがフィリピン バタンガスで撮ったコモンハタ

フィリピン バタンガス

2010.06.27

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンハタ

日本 宮崎県 門川湾

2007.08.20

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンハタ

日本 宮崎県 門川湾

2007.08.20

海猿さんが日本 宮崎県 門川湾で撮ったコモンハタ

日本 宮崎県 門川湾

2007.08.20

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったコモンハタ

フィリピン カビテ

2010.07.03

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったコモンハタ

フィリピン カビテ

2010.07.03

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったコモンハタ

フィリピン カビテ

2010.07.03

asukalさんがフィリピン カビテで撮ったコモンハタ

フィリピン カビテ

2010.07.03

PENさんが日本 静岡県 田子ノ浦沖で撮ったコモンハタ

日本 静岡県 田子ノ浦沖

2021.08.12