読み込み中 . . .
中止

ミナミハタンポ

Pempheris schwenkii Bleeker, 1855

形態・特徴 体高は高い。鱗は2層からなり、大きくはがれやすい鱗が表層にあり、その下にまばらな大きさの鱗がある。体色は銀色。側線有孔鱗数45~54、臀鰭軟条34~41でよく似たミエハタンポと区別可能。体長12cmほどの小魚。
分布 千葉県以南、小笠原諸島。インド・太平洋域。
生息環境 沿岸の岩礁域、サンゴ礁域に生息する。昼間は岩礁の孔の中やサンゴの隙間にひそみ、夜間にはその中から出る。
食性 肉食性で動物プランクトン、甲殻類等を捕食する。
その他 定置網や釣りで漁獲される。地域によっては食用にすることもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません