読み込み中 . . .
中止

カタボシアカメバル

Sebastes kiyomatsui Kai and Nakabo, 2004

分布 千葉県~和歌山県の太平洋岸
特徴 ウケグチメバルに似ているが、鰓蓋には黒色斑があること、下顎の突起が顕著ではないなどの点で区別できる。体長20cm
生息環境 深海性の種類で水深250mほどの場所から採集されている。
その他 深海釣りなどで漁獲され、食用となっている。本種は2004年に、新種として記載された。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません