コマイ

Eleginus gracilis (Tilesius, 1810)

分布 北海道、本州日本海岸、宮城県以北の太平洋岸。~朝鮮半島日本海側、沿海州、北太平洋。
特徴 背鰭は3基、臀鰭は2基、下顎はやや短く、上顎よりも前に突出しない。マダラとは下顎のひげが瞳孔径とほぼ同長か、それよりも短いことなどの点で区別できる。また、頭部もやや小さい。体長40cmに達する。
生息環境 水深150m以浅の沿岸域に生息する。
その他 食用になり、ルイベや干物などで美味。また北海道では本種を対象とした釣りも盛ん。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません