読み込み中 . . .
中止

ツバクロエイ

Gymnura japonica (Temminck and Schlegel, 1850)

分布 茨城県・新潟県以南の南日本、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国沿岸、南シナ海、タイランド湾
特徴 体盤幅は体盤長よりもはるかに長く、独特な形状をしている。尾部は短く、その長さは体盤幅の約半分しかない。体盤背面には小さな黒色斑があるが、これがないものもいる。また噴水孔後側方に1対の白色斑がある個体も知られている。体盤幅1.8mに達する。
生息環境 浅海の砂泥底に生息する。
食性 動物食性と考えられる。
その他 釣りや刺し網、底曳網で漁獲される。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません