読み込み中 . . .
中止

ヒウチダイ

Hoplostethus japonicus Hilgendorf, 1879

形態・特徴 ハシキンメに似ているが、側線鱗は大きな盾状鱗となることで区別できる。類似するマルヒウチダイとは尾鰭後縁が黒いことで区別できる。体色は淡赤色もしくは銀色で、各鰭も淡赤色。体長15cmほど。
分布 東京以南の太平洋側。
生息環境 やや深い海に生息する。
食性 肉食性。
その他 底曳網や釣りで漁獲され、稀に市場にも出る。食用魚。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Miki さんが 説明文の 形態・特徴 を編集しました ハシキンメに似ているが、側線鱗は大きな盾状鱗となることで区別できる。類似するマルヒウチダイとは尾鰭後縁が黒いことで区別できる。体色は淡赤色もしくは銀色で、各鰭も淡赤色。体長15cmほど。
2020.01.27 16:05