読み込み中 . . .
中止

ワキヤハタ

Malakichthys wakiyae Jordan and Hubbs, 1925

形態・特徴 臀鰭棘数は3、肛門の位置は臀鰭付近にある。下顎先端には小さな1対の棘がある。臀鰭軟条数は8-9(多くは9)で、臀鰭基底長は臀鰭最長軟条より長い。側線有孔鱗数は48-52。オオメハタに似ているが、側線有孔鱗数や、臀鰭基底長は臀鰭最長軟条より長い(オオメハタでは短いか、ほぼ同じくらいの長さ)ことなどで区別できる。体長25cm。
分布 房総半島~九州の太平洋岸、東シナ海。やや深海にすむ。
生息環境 やや深海性種。115-400mの深さで漁獲されている。また、それより浅い50m位の場所にも出現するといわれている。群れをつくる。
食性 詳細については調べられていないものの、小魚や甲殻類などを捕食するといわれている。
その他 繁殖期は9-11月とされている。主に沖合底曳網や釣りなどにより漁獲されている。肉は白身で美味とされ、塩焼きやフライなどで賞味される。また練製品の原料となっている。シロムツなどとも称されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません