読み込み中 . . .
中止

ホシフグ

Arothron firmamentum (Temminck and Schlegel, 1850)

形態・特徴 体色は灰褐色もしくは暗色。体側には多くの白色斑がある。背鰭軟条は14本で同属他種よりも多い。体は小棘で覆われている。
分布 青森県~九州南岸の各地、小笠原諸島、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ。
生息環境 モヨウフグ属の多くの種が熱帯・亜熱帯の浅海に生息するのに対し、本種は温帯から亜熱帯の深海に多く生息する。稀に浅い海にも姿を現す。
その他 定置網や底曳網などによって稀に漁獲されるが、有毒種で食用にはならない。現在多くの都道府県の条例では食用可の種とはされていないので、食用にするのは避けたい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ホシフグ

日本 愛媛県 佐田岬 大バエ

2008.11.01

ホシフグ

日本 静岡県 蒲原沖

2019.11.12

ホシフグ

日本 神奈川県 佐島沖

2010.11.14

ホシフグ

日本 愛媛県 佐田岬 大バエ

2008.11.01

ホシフグ

日本 鹿児島県 喜界島沖(モリ礁)

2009.05.31

ホシフグ

日本 鹿児島県 喜界島沖(モリ礁)

2009.05.31

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する