読み込み中 . . .
中止

ミズウオ

Alepisaurus ferox Lowe, 1833

形態・特徴 全長2mを超えることもある大型種。背鰭は鰓蓋の後端を起点とし、基底が長くて大きい。尾柄部には脂鰭もある。口は大きく、鋭くて大きな歯を備えている。体は細長くて軟らかい。
分布 北海道南岸~南日本。北太平洋、インド洋、大西洋、地中海。水深945~1400mにすむ深海魚とされているが、よく海岸に打ち上げられたり、ダイバーに目撃されたりもする。浅い海面にも浮上するようだ。
生息環境 945~1400mの中深層から漸深層に普段は生息しているが、湧昇流に運ばれるようで、しばしば浅海域でも見られる。このため、水深100m程度の延縄漁業で採捕されたり、打ち上げられたりした個体が新聞などで話題に上ることもある。
食性 甲殻類や軟体動物、魚類などを飲み込んで食べる動物食性。
その他 身は水っぽく、煮ると溶けてしまうらしい。これが、名前の由来にもなっており、当然ながら食用として流通することもない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません