読み込み中 . . .
中止

キツネフエフキ

Lethrinus olivaceus Valenciennes, 1830

形態・特徴 フエフキダイ科の大型種で、大きいものは1mに達する。胸鰭基部の内側には鱗がない。背鰭棘中央部下の側線上方横列鱗数(TRac)は6。ハマフエフキと並ぶ大型種であるが胸鰭基部の内側には鱗がなく、体が比較的長い。オオフエフキにも似るがオオフエフキではTRacが5であることで区別できる。体色は灰色っぽく、時に斑模様を出すなど、色彩を変えられる。
分布 鹿児島県以南。~インド・西太平洋域。砂礫、岩礁域にすむ。
生息環境 普通サンゴ礁域や岩礁域の浅い所にすむが、100m以深でも漁獲されている。
食性 肉食性。小魚などを捕食する。
その他 ハマフエフキ同様大型になり、市場価値も高い。釣りや刺網などで漁獲されるほか、南シナ海では底曳網で普通に漁獲されるという。肉は白身で美味だというが、海外ではシガテラ毒の報告もある。海外のものを食べる時は注意したい。従来、本種にはLethrinus elongatusという学名が付けられていたが、Carpenter and Allen(1989)ではL.olivaceusのシノニムとされた。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません