ヤリタナゴ

Tanakia lanceolata (Temminck and Schlegel, 1846)

特徴 全長6~10cm。体高は低く、側線は完全で、長い一対の口ひげをもつ。背鰭の鰭膜に暗色斑がある。産卵期の雄は赤味を帯び、腹面は黒くなる。雌の産卵管は比較的短い。
分布 北海道と南九州をのぞく日本各地。朝鮮半島西岸。河川の中・下流の緩流域とそれに続く用水、清澄な湖沼の砂底または砂礫底の岸近くに多い。
生息環境 平野部の流れの緩やかな小河川に生息する。灌漑用水路にも生息する。
食性 雑食性で付着藻類や底生生物を食べる。
その他 アブラボテとは非常に近縁だが、体形、色彩が大きく異なる。よって生殖隔離が成立しているが、自然下でまれに交雑個体が見つかる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

あるぽさんが日本 鳥取県 湖山池で撮ったヤリタナゴ

日本 鳥取県 湖山池

2006.05.26

ぼんさんが日本 熊本県 緑川水系で撮ったヤリタナゴ

日本 熊本県 緑川水系

2016.04.18

tk250さんが日本 岐阜県 伊自良川水系で撮ったヤリタナゴ

日本 岐阜県 伊自良川水系

2015.01.31

だいき丸さんが日本 佐賀県 佐賀市 水路で撮ったヤリタナゴ

日本 佐賀県 佐賀市 水路

2020.04.06

Ryota  Hasegawaさんが日本 福岡県 柳川市 柳川水系で撮ったヤリタナゴ

日本 福岡県 柳川市 柳川水系

2018.03.13

kuugoさんが日本 滋賀県 東近江市内の用水路で撮ったヤリタナゴ

日本 滋賀県 東近江市内の用水路

2008.07.20

だいき丸さんが日本 佐賀県 佐賀市 水路で撮ったヤリタナゴ

日本 佐賀県 佐賀市 水路

2020.04.06

ぼんさんが日本 滋賀県 琵琶湖水系で撮ったヤリタナゴ

日本 滋賀県 琵琶湖水系

2014.07.05

魚電気さんが日本 茨城県 常陸太田市で撮ったヤリタナゴ

日本 茨城県 常陸太田市

2019.06.15

MKTさんが日本 山形県 村山地方で撮ったヤリタナゴ

日本 山形県 村山地方

2016.08.28

魚電気さんが日本 茨城県 常陸太田市の小川で撮ったヤリタナゴ

日本 茨城県 常陸太田市の小川

2019.07.18

ともみさんが日本 徳島県 板野郡で撮ったヤリタナゴ

日本 徳島県 板野郡

2020.04.29

MARI-Jさんが日本 東京都 ひょうたん池で撮ったヤリタナゴ

日本 東京都 ひょうたん池

2011.03.10

Ryota  Hasegawaさんが日本 滋賀県 琵琶湖水系で撮ったヤリタナゴ

日本 滋賀県 琵琶湖水系

2015.04.11

林 良和さんが日本 茨城県 新利根川で撮ったヤリタナゴ

日本 茨城県 新利根川

2010.09.04

ともみさんが日本 徳島県 鳴門市で撮ったヤリタナゴ

日本 徳島県 鳴門市

2020.04.25

ゴリポンさんが日本 三重県 三重県松阪市の小川で撮ったヤリタナゴ

日本 三重県 三重県松阪市の小川

2009.08.10

林 良和さんが日本 茨城県 新利根川で撮ったヤリタナゴ

日本 茨城県 新利根川

2010.09.04

へぼ太郎さんが日本 福岡県 矢部川水系で撮ったヤリタナゴ

日本 福岡県 矢部川水系

2009.10.07