読み込み中 . . .
中止

ホウライヒメジ

Parupeneus ciliatus (Lacepède, 1801)

形態・特徴 オキナヒメジと酷似している。本種は尾柄部の黒色斑が鞘状で側線より下まで達し、臀鰭の高さが高い。対するオキナヒメジは尾柄部の黒色斑が側線よりも上にあり、臀鰭の高さが低いことなどで見分けられる。体色は赤色から茶色まで幅広い個体が見られる。
分布 千葉県以南の太平洋岸、山形県、福井県、兵庫県以南日本海岸、琉球列島。~台湾、インド-太平洋。ハワイ諸島にいるものは別種のようである。
生息環境 岩礁域やサンゴ礁域の藻場や外縁に生息する。単独もしくは小規模な群れで行動する。
食性 主に多毛類や甲殻類などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません