読み込み中 . . .
中止

シマイサキ

Rhyncopelates oxyrhynchus (Temminck and Schlegel, 1842)

形態・特徴 名前にイサキと冠するが、イサキ科魚類ではないので、注意が必要である。
全長30cmくらいまで。吻は尖り、尾鰭には不明瞭な黒色帯が縦に入る。体側の地色は白色で、黒色の縦帯が4~7本走る。
分布 津軽海峡~九州までの各地沿岸、沖縄県久米島。~朝鮮半島、台湾、中国、海南島、トンキン湾、ルソン島。
生息環境 沿岸浅所や汽水域に生息し、産卵期は春から夏とされる。
食性 多毛類、魚類、甲殻類などを捕食する動物食性。小規模な群れを形成することがある。
その他 鰾(うきぶくろ)を使って「グゥグゥ」と鳴く。美味な魚だが、あまり市場流通するほどは漁獲されないようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません