読み込み中 . . .
中止

ハクレン

Hypophthalmichthys molitrix (Valenciennes, 1844)

外来種 外来種

特徴 全長50~100cm。中国原産。口は斜め上を向き、口ひげは無い。眼が体の中心線よりも下部についていることが最大の特徴。近似種のコクレンよりも体色が白い。
分布 アジア大陸東部。明治以来、中国から日本への移植が何度も試みられ、1943年の放流により、霞ヶ浦、北浦、利根川水系に定着し自然繁殖をはじめた。現在、東北地方から九州まで生息し、いちぶで自然繁殖している。また東南アジアや、ヨーロッパにも移植されている。大河川の下流緩流域や、平野部の浅い湖沼、池などにすむ。
生息環境 河川の下流域に多い。自然繁殖は利根川など一部の河川で確認されている。
食性 特徴的な口で浮遊植物などを食べる。
その他 成長が早く、中国では重要な水産資源となっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません