読み込み中 . . .
中止
特徴 体長15cm程の小型種。眼が退化しワラスボに似るが下顎にひげがある。ひげは下顎にのみあり、ヒゲワラスボと区別可能。
分布 チワラスボ属のものは静岡県~九州。朝鮮半島、中国、西太平洋にすむ。
生息環境 内湾や河川河口域の泥底に生息する。
食性 肉食性で底生動物を捕食すると思われる。
その他 従来、日本で「チワラスボ」と呼ばれていたものには4種類が認められており、これから研究がされると思われる。これらは写真からの同定は難しいので標本を残しておくべきであろう。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛知県 名古屋港

1995.06.18

日本 佐賀県 伊万里市波多津町

2014.08.27

日本 愛知県 名古屋港中央堤

2009.07.26

日本 三重県 霞埠頭

2019.09.02

日本 高知県 春野町(仁淀川河口付近)

2002.06.05

日本 千葉県 鴨川市漁港

2017.10.28

日本 神奈川県 平塚市

2019.06.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する