読み込み中 . . .
中止

ミスジアカヒレイシモチ

Pristicon trimaculatus (Cuvier, 1828)

形態・特徴 背鰭第1棘は6棘。体色は灰褐色から茶褐色。アカヒレイシモチに似ているが、鰓蓋状に明瞭な黒色斑があり、頬部の黒色帯が明瞭でない。第1背鰭下に1本、第2背鰭下に2本の黒色鞍状斑がある(ただし、不明瞭な場合がある)。フタスジアカヒレイシモチは本種に似るが第2背鰭下に黒色鞍状斑がなく、頬部に黒色斑がない、体側鱗の後縁が黒く縁取られるなどの点で本種と区別される。体長12cmに達する。
分布 奄美大島以南。西部太平洋。岩礁性で岩穴にひそむ。
生息環境 サンゴ礁域やその周辺の岩礁、防波堤などにみられる。アカヒレイシモチよりも普通種。
食性 肉食性で夜行性、小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 夜釣りではよく釣れるが普通食用にはされない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません