読み込み中 . . .
中止

ホタテウミヘビ

Ophichthus zophistius (Jordan and Snyder, 1901)

形態・特徴 “ウミヘビ”と名前に付く動物には、鱗のあるものと、ないものに分けられる。前者は爬虫類のヘビ亜目に分類される蛇の仲間となり、後者はウナギ目に分類される魚類の仲間となる。本種には鱗がなく、魚類の仲間となる。ウミヘビ科ウミヘビ亜科に分類される魚類には尾部の先端に鰭を持ち合わせておらず、肉質が突出しているという特徴がある。そして本種の特徴は、吻部に眼の直前から鞘状の白色帯と暗色帯が交互に見られる頭部が一番見分けやすい。しかし、近縁でよく似たミナミホタテウミヘビという種がおり、厳密には主上顎骨歯は円錐状で1~2列をなすこと、脊椎骨数が170~183であることなどを確認する必要がある。
分布 東京湾~鹿児島県までの太平洋岸、新潟県以南の日本海岸、瀬戸内海、琉球列島。~朝鮮半島、インド-西太平洋。
生息環境 沿岸の砂泥底に生息し、汽水域に出現することもある。夜行性であり、普段は砂から頭だけを出して外の様子を伺っている。
食性 肉食性。死んだ魚類や甲殻類なども食べる。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ヒサビッチャ☆さんが日本 愛媛県 由良半島 船越運河で撮ったホタテウミヘビ

日本 愛媛県 由良半島 船越運河

2006.10.13

林 良和さんが日本 千葉県 千倉漁港で撮ったホタテウミヘビ

日本 千葉県 千倉漁港

2010.11.22

西野勇馬さんが日本 神奈川県 うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 うみかぜ公園

2016.11.04

ヒサビッチャ☆さんが日本 愛媛県 由良半島 船越運河で撮ったホタテウミヘビ

日本 愛媛県 由良半島 船越運河

2006.10.13

西野敬さんが日本 神奈川県うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県うみかぜ公園

2016.10.27

odukaさんが日本 静岡県 浜松市/浜名湖で撮ったホタテウミヘビ

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2010.09.06

閻魔さんが日本 静岡県 前浜海岸で撮ったホタテウミヘビ

日本 静岡県 前浜海岸

2003.05.14

西野勇馬さんが日本 神奈川県 うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 うみかぜ公園

2016.11.04

山出潤一郎さんが日本 大分県 鶴見半島敷場で撮ったホタテウミヘビ

日本 大分県 鶴見半島敷場

1999.10.31

西野敬さんが日本 神奈川県うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県うみかぜ公園

2016.10.22

Yasさんが日本 神奈川県 三浦半島で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 三浦半島

2017.08.29

西野勇馬さんが日本 神奈川県 うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 うみかぜ公園

2016.11.04

MARI-Jさんが日本 神奈川県 城ヶ島で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 城ヶ島

2010.08.18

sioさんが日本 島根県 多古漁港湾内で撮ったホタテウミヘビ

日本 島根県 多古漁港湾内

2017.09.03

マリトコさんが日本 和歌山県 串本港で撮ったホタテウミヘビ

日本 和歌山県 串本港

2005.08.04

odukaさんが日本 静岡県 浜松市/浜名湖で撮ったホタテウミヘビ

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2010.09.06

西野勇馬さんが日本 神奈川県 うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 うみかぜ公園

2016.10.31

MARI-Jさんが日本 神奈川県 城ヶ島で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 城ヶ島

2010.08.18

Keisuke Imamuraさんが日本 千葉県 勝浦市鵜原で撮ったホタテウミヘビ

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2014.11.11

西野勇馬さんが日本 神奈川県 うみかぜ公園で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 うみかぜ公園

2016.11.04

マリトコさんが日本 和歌山県 串本港で撮ったホタテウミヘビ

日本 和歌山県 串本港

2005.08.04

Yasさんが日本 神奈川県 三浦半島で撮ったホタテウミヘビ

日本 神奈川県 三浦半島

2017.08.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する